• 昨年、トークン化された支払いにより6億5000万ドルにのぼる不正行為を回避
  • 最近発表されたVisaデータトークンにより、�費者は自身のデータをより詳細に�御でき、AIを活用したシームレスなショッピング エクスペリエンスが可能に

(ビジネスワイヤ) -- 米クレジットカード大手ビ�は、同社のトークン化テクノロジーによって達成された重要なマイルストーンを発表しました。これによると、Visaトークンは世界中の企業に400億ドル以上1のeコマース収益を生み出し、昨年、6億5000万ドル2にのぼる不正行為が回避されました。ビ�はまた、2014年のこの技術の導入以来、100億個以上のトークンを発行したことも発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20240604296835/ja/

過去10年間にわたり、ビ�はトークン化を通じて決済エコシステム全体のセキュリティをさらに強化してきました。トークン化は、個人に関する機密データを、支払いに関する機密データを隠す暗号キーに置き換える技術です。トークン化はあらゆるデバイスに組み込むことができ、デジタル決済をより安全にしつつ、詐欺師が悪用できなくします。

現在、ビ�が処理するすべての取引の29%でトークンが使用されています3。これはトークンが普及していること、そして�費者がこの安全な支払い方法に信頼を寄せていることを反映しています。

また、トークン化技術により、全世界中での支払い承認率が6ベーシス ポイント増加しました。全体として、トークン化により不正行為が最大60%削減され、企業の取引がより円滑に行われ、あらゆる規模の�費者や販売業者が切望する安心感が提供されます4。

ビ�の最高製品責任者であるジャック・フォレステルは、「このマイルストーンは、10年前にトークン化技術を導入して以来、トークン化が決済エコシステム全体に与えた影響を表すものです。トークンは大きな変化をもたらしており、オンライン決済を保護し、さらなるイノベーションへの道を切り開きます。スマホをタップするだけの支払いから、AIの時代にデータをより詳細に�御できる未来を可能にします」と述べています。

アムステルダムで開催されたMoney20/20のステージ上でこのマイルストーンを発表したビ�は、2020年に10億個目のトークンを発行しました。パンデミックによるデジタルへの移行もあり、トークンの採用は過去4年間で大幅に加速しました。現在、8000を�える発行者がトークン化に対応しており、世界中で200以上の市場がこの技術を活用しています。過去12か月間で、150万を�えるeコマース販売業者が日々Visaトークンを使用して取引を行いました。

トークンの未来:�費者エクスペリエンスの変革

ビ�の最近の調査によると、世界中の�費者のうち自身のデータをコントロールできていると感じているのは3分の1に達しておらず、5、自身のデータがどのように使用されるかを十分に理解しているのは3分の1強のみであることが明らかになりました。しかし、トークン化は、パーソナライゼーションとセキュリティのまったく新しい時代を切り開く可能性があります。�費者が自身のデータを管理し、いつ、どこでデータを共有できるかを承認し、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを実現できる時代です。

それほど遠くない将来、Visaデータトークンは、販売業者やコマース プラットフォームは、透明性と�御性を兼ね備えつつ、データを使用できるようにする可能性があります。つまり、誰がデータにアクセスできるか(そしていつアクセスできなくなるか)を決定できるようになります。データがどのように使用されるかについても同様です。AIを活用したVisaデータトークンにより、�費者はバンキング アプリでデータの共有�態を確認し、同意や取り�しができるようになります。

アムステルダムでこのニュースを発表したビ�・ヨーロッパのプロダクト&ソリューション担当上級副社長のメフレット・ハブテブは、「過去10年間、ビ�はトークンインフラの拡張に投資し、ヨーロッパの�費者や販売業者、そして世界中のほぼすべての市場で、より安全で便利なデジタルコマースを実現してきました。AIがオンラインでよりパーソナライズされたエクスペリエンスを生み出し始めている中、私たちはトークンの専門知識を活用し、人々が自身の支払いデータをより詳細に�御できるようにしています」と述べています。

ビ�について

ビ�(NYSE:V)はデジタル決済の世界的リーダーであり、200以上の国と地域で、�費者や加盟店、金融機関、政府機関の間の取引を促進しています。ビ�の使命は、革新性、利便性、信頼性、安全性に最も優れた決済ネットワークを通じて世界を結び、個人や企業、経済に繁栄をもたらすことです。ビ�では、世界各国で誰もが受け入れられる経済は、世界中の人々の生活を向上させると信じています。そして、資金移動の未来へのアクセスがその基盤であると考えています。詳細情報については、 Visa.com.

1VisaNet CY2023のトークン化および非トークン化認証によるクレジットおよびデビットカードのカード非提示(CNP)決済額(全世界) 2Risk Datamart CY2023、ビ�が処理した、トークン化対非トークン化認証でのカード非提示(CNP)決済額(全世界) 3Visanet、2024年4月にビ�が処理した取引 4Visanet、2024年4月にビ�が処理した取引 5 ビ�による�費者エンパワーメント調査(2023年)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Meg Omecene momecene@visa.com

Visa (NYSE:V)
Gráfico Histórico do Ativo
De Jun 2024 até Jul 2024 Click aqui para mais gráficos Visa.
Visa (NYSE:V)
Gráfico Histórico do Ativo
De Jul 2023 até Jul 2024 Click aqui para mais gráficos Visa.